家電量販店とBTOと自作パソコン、目的に合わせてお得に買おう!

「高いお金を出して買ったパソコンなんだけど…思ったより性能高くなかったし何か重い」

「このソフトどうやって使うの?ぶっちゃけいらないよね」

「パソコンに不具合があったから店に電話したら、メーカーに問い合わせてくださいの一点張りだった。安心ってなに?」

と思った方も多いのではないでしょうか?

 

( ・W・)<どうもこんにちは、日々パソコン事情を調べているワガシです!

突然ですが、皆様はパソコンを買う時はどこから購入していますでしょうか?恐らく大体の方は某大手の家電量販店を中心として買うことが多いと思います。

一方で、BTOサイトや自作パソコンを選ぶ方はそう多くないですし、そもそも知っている方も少ないかと思います。

あくまで個人的な意見ですが…冒頭でも言いましたが、家電量販店は「安心保証、最新CPU、便利ソフト収録」などを謳っています。

ですが、思ったよりも重い処理でカクカクしたり、使わなかったり要らないソフトが多くないですか?また、安心保証がある割には、ハード面での問題は「メーカーへお問い合わせください」と丸投げしてくるなどの話も耳にしますね。

そのため今回の記事では、家電量販店、BTO、自作PCのメリット・デメリットを分かりやすく解説します!そして皆様が自分の目的にあった場所から購入していただけるようにしたいと思います!

[box03 title=”記事の目次”]
  • 家電量販店の良いところと悪いところ、ここを選ぶメリット
  • BTOサイトの良いところと悪いところ、ここを選ぶメリット
  • 自作PCの良いところと悪いところ、修羅の道を選ぶメリット
[/box03][box06 title=”あわせて読みたい”]

自作パソコンのまとめ記事へ戻るならこちら

自作パソコンの始め方講座【初心者向け】

[/box06]

( ・W・)<結論だけ先にいうと、本当に最初の1台目は家電量販店がやっぱり強いぞ。

家電量販店について

家電量販店は実店舗が全国に展開されていて、実際に目で見て聞いて把握することが出来るため、初心者や未経験者におすすめされています。

特に分かりづらい設定や保証もセットで販売されています。以下に詳しく、家電量販店のメリットとデメリットを書いていきますね!

( ・W・)<なんだかんだでパソコンってめんどくさいからそこ省けるのはいいよね。

家電量販店の最大のメリットは煩わしい設定が不要!

家電量販店のメリット

買ったその日で使える手間の少なさ

家電量販店でパソコンを購入した場合は、最初からパソコンを起動するためのソフト群を組み込んでいます。

そのため買って、箱を開けて包装紙を開けて、電源付けて起動!

メーカーにもよりますが大半は自動的に初期設定を終わらせてくれて、数分から数10分でパソコンが使えるようになるでしょう。

これは、BTOや自作パソコンにはほとんどない最大の利点だと思います。

また、お金はかかりますがインターネットの接続やパソコンの設置、初期設定なども家電量販店はサービスを提供している場合もありますので

[chat face=”man1″ name=”パソコン未経験” align=”left” border=”gray” bg=”none” style=””]パソコンのパの字も知らなかったから安心[/chat]

といったことになりますね。

実際に触れる。店員から話を聞くことが出来る。

これも安心できる要因の一つになります。

家電量販店の場合だと、大体のパソコンは店頭で眺めることが出来ます。

形や大きさ、重さなども直に見ることが出来るためイメージが付きやすいですね。

また、家電量販店だと店員からどういった点がおすすめなのかを聞くことが出来るという点も良いと思います。

パソコンに実際に触れることで、画質の良さだったり音の良さだったり、入っているソフトウェアを目で見て知ることが出来るのはやはり利点です。

家電量販店の最大のデメリットは選択肢が限られること

家電量販の悪い所

セールスのために言い過ぎたり言わなかったり。

売りたい物を売る場合って、その商品の良さを前面に押し出して、欠点を言わなかったりするのはやはり当たり前のことなんですね。

また、なぜその商品を推すのかの背景に、このスペック(今ならCPU i7など)が付いた商品をこれだけの値段で買ってもらう、などのセールス強化品などもあります。

…CPUで定番のi7だけで言ってもどれだけ種類があるか皆様わかりますか?

そもそも初出が2008年の10年以上も前のCPUもあれば、現在の第9世代目のCoffee Lake-Sは2018年後半です。

10年前って、今のIT社会からすれば骨董品も良いところですよ?数年前ですら結構霞むのに

家電量販店ではi7を最新と謳って、数年前の性能を最新と言って売り出すこともままあります。セール品で安くなっているものとかは特にその傾向があるように感じます。

メーカーが決まっている。安くするために広告系ソフトウェアが入っている。

選択肢が狭まっている要因に、そもそもパソコンのメーカーが限られているんですね。

様々な会社でパソコンは製造されていますが、某大手家電量販店でよく見るのは、NEC、富士通、Lenovo、HP、DELL当たりでしょうか?

もちろん上に出したメーカーも、評判が良いものが数多く存在します。

ただ、家電量販店と提携していない会社の場合は売ることはないため、上記に上げたようなメーカー以外のメーカーはそもそも選択肢が入ってこないんですね。

また、メーカー製パソコンを安くするために、パソコン内に有料ソフトウェアの体験版を入れて、広告費の分を安くしているといった面もあります。

体験版を全部消したとしても。パソコンの不具合で初期化をした場合、その体験版が再インストールされる、みたいな弊害も発生します。

そのソフトが裏で起動していたりすると、直接パソコンの動きに作用するため動作が重くなる…といった問題もあるため、広告ソフトウェアを放置するという選択肢は日常使う分にはありえないですね。

保証が保証として機能していない時がある。

パソコンが故障する原因って結構存在しますが、家電量販店自身が保証するものってそこまで多くはないんですね。

相談自体は承りますが、実際に修理や対応についてはメーカーや修理会社に丸投げといったことは普通にあります。また価格についても修理会社やメーカーの見積もり次第ということが多くあります。

そのため、料金がそもそも書かれていないことが大半ですね。

また、パソコン自体の寿命を度外視した長期保証にも注意が必要です。

パソコンは一般的に「5年を過ぎたら様々なトラブルが頻発する」とされています。使い方によってはそれより短くなったり長くなったりします。

10年保証を謳っているところもありますが、5年後以降は様々なトラブルが発生するため、保証されても追加料金がかさみ、結果的には新しくパソコンを購入したほうが良いという選択が出てくる時もあります。

独自のパーツが有る場合があり、自分で修理が出来ない

メーカー品の場合ですと、独自規格でパーツを開発している場合があり、自分で修理出来ない場合が多々あります。ネジが共通じゃなかったりコンパクトにするために、一般的な形をしていなかったり、分解をそもそも考えていないような設計だったりなど…

しかも、自分で修理出来る知識があるからと分解した場合、保証対象外になるという面もあるため注意が必要ですね。

性能面や付加パーツで見ると安売り時期でも安いわけではない。

専門店ではない以上、値下げ幅が思ったよりも少ないです。

パソコン専門店の場合は、安くなった時期にパーツを大量購入したり、独自の購入ルートを持っているため結果的に安くなるわけですね。

一方で家電量販店の場合は抱き合わせで安くなることもあるため、最初の1台で一気に買う分には良いですが、2台目3台目になるとその抱き合わせが使えなくなるんですね。インターネットの回線複数引く訳にはいかないですしね。

家電量販店は未経験者や最初の1台目におすすめ!

まとめるとこんな感じです。

良い点ダメな点
実店舗で実際に見られる特定のメーカーしかない
買った即日から使える使わないソフトウェアがある
保証も抱き合わせで購入出来る保証がメーカーの場合があり二度手間
[box04 title=”家電量販店はこんな人におすすめ!”]
  • スマートフォンは持ってるけど、パソコン自体は初めて
  • パソコンがよくわからない。いつでも相談出来るような環境が欲しい
  • 最初の設定とかよくわからない。あらかじめ使うソフトは入ってて欲しい
  • 安心保証は長いほうがいい
  • ここの家電量販店のポイントが欲しい
[/box04]

といった方にはおすすめですね。保証とかの面ではやはり大手が強いです。

そのため、当サイトでは大手のヤマダ電機をおすすめします!

ヤマダ電機は上記のようなネット通販にも対応しており、インターネット上からも価格交渉が出来るため、おすすめですね!

保証についても4000円程度で5年保証も付きます!

BTOと自作パソコンについて

BTOとは、「Build To Order」の略称から来ています。

要するに「受注生産」です。メーカーに直接問い合わせて

  • パーツをこれがいいです
  • ソフトはこれがいいなあ
  • 保証はこれにしよう

と選ぶことによって、メーカーがパソコンを組み立ててくれます。一定の日にちは掛かりますが、その後郵送なりで納品してくれます。

自作パソコンは、名前の通りパーツを自分で買って自分で組み立てることを言います。

BTOと自作パソコンは本当は別な括りなのですが、そこら編は次回掘り下げて、今回は同じジャンル(BTO)としてお話します。

選択肢が幅広いのがBTOの魅力

BTOの良いところ

完成品のパソコンからさらに3ランクくらいはグレードアップ出来る

現在は様々な企業がBTOパソコンに対応しているため、家電量販店が売っているメーカー以外の選択肢も出てきます。

とはいえ個人向けに売っていない場合もあるため、あまり聞き馴染みが無いかもしれないメーカーもあります。

またBTOは受注生産のため、そのため受注してから組み立てるわけですね。

その性質からかパーツを自由にカスタマイズすることが出来ます。大体のBTOパソコンサイトでは、「ここのパーツの性能をちょっと強化したいなあ」って時にクリックするだけで1~3段階ほどグレードアップ出来るようになっています。

自作パソコンの場合は、BTOにはないさらなる選択肢もあるため、組み合わせは無限大ですね。

ちなみに自作パソコンは極めると、ニンテンドーGCの中身を取り出して、PCパーツを入れてパソコンにしてみたりなどすごいことも出来るらしいですよ。

まさに自分専用のパソコンが作れる!というわけですね。

また、何のソフトを入れるかも選択できるため、最低限のソフトウェアしか組み込まれてきません。

家電量販店のような広告ソフトが入っていることはほとんど無いため、最初からサクサクとしたパソコンということで期待出来ます。

パソコン専門店だからこそコストパフォーマンスが高い

BTOやパーツ販売会社は、日本国内のパーツのみならず世界中からパーツを購入しています。

そのため、円安円高、海外の経済状況の影響を受けるんですね。円高が進んで円の価値が上がった場合や、輸送コストが下がるなどすれば海外のパーツは安くなるため、BTOやパーツ販売会社は一気に購入するんですね。

出来る限り安く仕入れる会社が数多いため、コストパフォーマンスの高いパソコンが作れるというわけです。

改造や増設が前提のため、分解しても保証対象外にならない安心

家電量販店版では、分解すると保証対象外になることが多いですが、BTOパソコンの場合はそもそも改造や増設前提で売り出しています。

例えば分解してHDDやメモリの増設後に故障した!といったトラブルも保証の範囲内であれば対応してもらえるといった安心さもありますね。

(とはいえ家電量販店でも言えるのですが、保証の範囲はしっかり見ましょうね)

BTOや自作パソコンは知識が必要

BTOの悪いところ

納品が受注生産のため遅い

これは完成品をそのまま発送というわけではないので、やはりどうしても時間が掛かります。

どれくらいかかるかはメーカーによってまちまちですが、場合によっては一週間くらいかかることは覚悟したほうがいいでしょう。(セール品の場合は翌日営業日に発送という時もある。)

パーツの知識が必要

BTOパソコンは見積もりする段階で「ファンはどうしますか?光学ディスクはBD対応にしますか?」など聞いてきます。

パソコンに日常触っている方でも、パソコンにどんなパーツが使われているかなんてあまり想像した事ないと思います。最小限どういうパーツが使われているか羅列しますね。

[box05 title=”デスクトップパソコンの場合”]
  • CPU(core i7、Ryzenなど)
  • CPUクーラー(CPUを冷却するクーラー)
  • マザーボード(CPUやメモリ、グラフィックボードなどを装着する基盤)
  • PCメモリ(机で言うと天板。大きければ重いソフトウェアを複数動かせる)
  • SSD、HDD(保存領域。PCを直接動かすためのOSやデータを保存出来る)
  • 光学ディスクドライブ(CDやブルーレイディスクを再生、保存出来るもの)
  • グラフィックボード(場合によっては不要。ゲームや映像製作などで映像処理を担当)
  • 電源ユニット(パソコンのパーツに電力を供給する大事なパーツ)
  • SATAケーブル(マザーボードとパーツを繋ぐケーブル。忘れがちだが大事)
  • PCケース(パソコンの外側。それぞれ設置出来るようにネジ穴や給気口や排気口、ファンがあるため、ダンボール等で対応は難しい。)
  • OS(WindowsやMac、Linux等)
[/box05]

一例だけでもこんな感じですね。その他、キーボードやマウス、スピーカーなどの周辺機器も必要になりますね。

BTOの場合はプロが組み立てるため、パーツの性能差だけなど大事なところだけ比較してもいいです。

しかし自作パソコンの場合は全て覚えないといけないため、知識が無いと大変な部類になります。

改造や増設も知識が無いといけない

昨今は、BTOサイトなども含めて増設の手順などを動画で紹介していたりするのですが、やはり精密機械ですので、静電気に気をつけたり、触っては行けない所があったりなど気をつけることはたくさんあります。

そういった知識が無いと、とりかえしの付かないこと(修理不可の故障)なども発生するため、そういった面でも注意が必要ですね。

とはいえこちらは、パソコン専門店があるなら相談や、実際に増設や改造を対応してくれたりするため、実店舗が近い方には安心かと思います。

BTOサイトや自作パソコンは、ちょっとダサい

後欠かせないのが、やはりBTOや自作の場合は、ちょっと趣味の領域が強いためか、実用よりデザインを重視したものが多くあります。

そのためか、一般的に使う分だったり女性が使う分には、控えめに言ってダサいものも結構あります。

そういう点で言うなら、家電量販店のメーカー製の方がトータル的にデザインが良かったりするので、一長一短ですね。

とはいえ、BTOはともかく自作パソコンの場合は基本的に自由であるため、メーカー製よりもデザイン性の高いものも作れたりするので、要はセンスになりますね。

BTO、自作パソコンはコスパに優れている

まとめるとこんな感じです。

良い点ダメな点
様々なメーカーがある大手じゃない場合もありダサい時がある
保証が分解、改造前提パーツの知識が必要
パソコン専門店のため、流通ルートに強い受注生産のため、納品が遅い
[box04 title=”BTO、自作PCはこんな人におすすめ!”]
  • ゲームとか映像処理とかしたいから、ちょっと高性能なパソコンが欲しい
  • 家電量販店のような、いろいろなのが入ってないのが欲しい
  • 将来的には自作してみたい
  • ある程度自分でパーツは選びたい。カスタムしたい。
  • 保証の期間とか内容も自分で選びたい。
[/box04]

といった方にはおすすめですね。当サイトではマウスコンピューターのG-TUNEをおすすめします!

一般的な方も含めて選びたいならこちら

自分はゲーミングPCがいいんだって方はこちら

どちらも同じ会社であるため、どちらから入っても同じ場所にたどり着けます。

まとめ

家電量販店BTO自作PC
値段とコスパ
保証
即日から使う
メーカー種類
知識◎(いらない)○(いる)✕(絶対いる)

当サイトではやはりBTOがおすすめです!

何が良いって、自分の目的にあったものが買えますし、様々なサイトで比較できますしね。

 

次回は、さらにBTOと自作PCを掘り下げたいと思います。

今回は以上になります。お疲れ様でした。

[box06 title=”あわせて読みたい”]

自作パソコンのまとめ記事へ戻るならこちら

自作パソコンの始め方講座【初心者向け】

[/box06]
最新情報をチェックしよう!